ADHDと診断される子供達が増えている理由とは?

増え続けるADHDの子供達!

アメリカや日本をはじめ、世界中でADHDと診断される
子供達がここ20〜30年で急激に増えてきています。

1980年代には、ADHDと診断される子供は20人に1人程度
でしたが、現在は10人に1人がADHDと診断されています。

なぜこの20、30年の間にADHDと診断される子供の数が
2倍にもなったのでしょうか?

この話題はアメリカの様々なメディアや研究機関で
取り扱われ議論を起きました。

理由として考えられるものには次のようのなものがあります。

製薬会社による意図的なマーケティング

製薬会社は薬による売上を上げるため、広告会社を使って
医療業界や消費者である患者に宣伝をして、薬を知ってもらい、
使ってもらうようにアプローチをしています。

薬はできるだけ使わない方がいいのではと思っている方も
いるかと思いますが、製薬会社も企業の一つであり、
利益を上げることで会社が成り立っています。
製薬会社にとってはできるだけ多く人に薬を使ってもらう
ことも目的の一つです。

そういった一面もあるということを知った上で私達は
薬の処方を受けなくてはなりません。

またロビー活動といって個人または団体が政府の政策に
影響を及ぼすことを目的として行う私的な政治活動が
あります。
製薬会社は世界中でロビー活動を行い、特にイタリア、
フランスでADHDの治療に使用される興奮剤などの
薬の販売に対する制限を政府になくさせることに成功した
といいます。

アメリカの精神医学の影響

アメリカのADHDの診断を行う精神科医達は生物学的治療を
基本に治療を行います。生物学的治療は薬による治療です。

他の国ではセラピーを中心に食事療法を取り入れた治療などを
行っているのですが、発達障害に関して研究はアメリカが
世界的にも進んでおり、日本を含めて他国から多くの医師が
アメリカへ勉強のために訪れるようになりました。
そこでアメリカの影響を受け、生物学的治療が広まっています。

アメリカの診断方法が広まっている

アメリカではDMS(精神障害の診断と統計マニュアル)という
診断システムを使ってADHDの診断を行いますが、他の国では
これまでICD(国際疾病分類)を使用するのが一般的でした。

こちらはADHDの定義がDMSよりも幅が狭いためADHDと
診断される人の人数は自然と少なくなります。

しかし、ここ数年で国際的にDMSが使用されるようなり、
アメリカの診断方法が広がり、ADHDと診断される人の数が
増えたと考えられます。
日本でも現在DMSが使用されています。

インターネットの普及

ここ20、30年の社会の変化にインターネットの普及があります。
インターネットが普及したことでADHDの認知が高まりました。

現在はこのサイトでもそうですが、インターネット上で簡単な
自己チェックができるようになり、ADHDについて個人で
調べられるようになりました。

これにより多く人がADHDを知るきっかけになり、
さらに親御さんがお子さん の様子に気づけるようになり、
診断を受ける人自体が増えたというが考えられます。

ADHDに支援団体の広まり

現在ADHDをはじめ、発達障害の支援団体を増えてきています。

当初はアメリカにしかありませんでしたが、徐々に世界各地に
広まっていき、ヨーロッパや南アメリカそして、日本にも
支援団体が数多く設立されました。

支援団体では、ADHDの人への手助けや情報提供、催しなどを
行っています。

同じ悩みを抱える人達と交流できる場として大きなや役割を
果たしています。

これらの理由からADHDと診断される子供達が増えていると
考えられます。

日本の教育現場を見ていて、ADHDの子供達はこれらも
増え続けることが見込まれています。

ADHDとして生まれてくる子が増えているというよりは、
定義や診断基準の変化が増加の原因と考えられます。