それって本当!?ADHD誤解されやすい5つのこと

チェック項目すべてに当てはまらなくてもADHDの可能性!

ADHDの特徴や症状、診断チェックなど見ていて、
あてはまらない項目があるとうちの子はやっぱり
ADHDではないんだなと思ってしまう方もいるかと思います。

しかし、症状にも個人差がありますので当てはまらない項目が
あってもADHDである可能性があります。

アメリカの教育省は“学校にADHDの子供を見分ける義務”について
書かれた公文書を発表しました。

教育省には以前からADHDの学校対応に関しての声が寄せられており、
中でもADHDと判断されるタイミングが適切ではないといった声や、
症状が正しく判断されていないといった内容の声が多くあがっていました。

そこで今回はADHDに関しての誤解されやすい点や誤った認識について
お伝えします。

ADHDの誤解されやすい点

①テストや学校の成績がいい子はADHDではない

特殊教育について研究しているラトガース大学院教育学部の
教授補佐ジューディス・ハリソン氏は学校成績が良いというだけでは
ADHDではないという判断にはならないと言います。

学校の勉強のできるできないは、ADHDだからというわけではなく、
個人差の問題です。

ADHDの子供は頭の回転が早いですから、処理速度も比較的早く、
勉強が得意な子もいます。
実際に勉強はできるけど、部屋の片づけはできない子の例も見られます。


②ADHDは成長とともに消えていく

ADHDなどの発達障害は先天性の障害のため、時間の経過や
成長と共に自然と消えるということはないです。

お子さんによっては症状が成長と共に軽くなったように
見える子もいるかもれませんが、完全になくなったわけではないので、
根本的な解決にはなっていません。

例えば、多動性に関しては年齢と共に落ち着いてくる傾向があるため、
走り回っていた子が落ち着くと一見症状が軽くなったように
見えてしまうのですが、注意欠如が抜けたわけではないんです。


③ADHDの子供達は同じサポートを求めている

サポートは子供達、個人個人に合わせて必要なものを与えていくべきです。

ですから同じ発達障害であってもサポートが同じ
ということはありえないですし、
学校側も個人にあわせたサポートをしていくべきだと
アメリカの教育省も方針を打ち出しています。

例えば、テストをやる際は、ある子には他の子よりも
長い時間を与える必要があったり、
選択肢の問題に苦労する子にはテストの形式を変えてあげることが
大切かもしれません。


④女の子はADHDにならない

これは誤って広まってしまった情報です。
教育関係者達の中で特に広まってしまったようですが、
女の子でもADHDの子はもちろんいます。

ただ、同じADHDでも多動性・衝動性優勢型ではなく、
不注意優勢型の女の子が見落とされてしまいがちです。

よくぼーっとしていて、忘れっぽかったり、片付けられなかったり、
作業を最後まで終わらせられなかったりという子です。

女の子の場合は器用な面もあり、こういった症状を隠そうとする
傾向があります。
そのため、周りからもADHDであることに
気づかないケースがよくあります。


⑤集中力がない

ADHDの子供達はいつも集中力がないわけではありません。

興味の向かないことに対して気が散漫してしまったり、
相手の話を聞いていることが難しくなってしまうんです。

一方で興味を持ったことにはすごい集中力を発揮します
時間も忘れて、時にはご飯を食べることも忘れて
没頭してしまうこともあります。

なのでADHDの子が集中できていない時は興味関心の向かないこと
である可能性が高いです。

いかがでしたか?

ADHDの誤解されやすい点について挙げてみましたが、
発達障害について知る際は、一つの情報源に絞らず、
いろいろなところから情報を集めるて知ることも大切ですね。

それでは。