アメリカでのアスペルガー症候群の治療方法

アスペルガー支援のポイントはコミュニケーション力

アスペルガー症候群の子供達はコミュニケーションに障害がある
と言われていますが、いいところを伸ばす反面、苦手なところに
ついてはアメリカではどのような治療や支援が行われているので
しょうか?

アスペルガーの子供達は、周囲の人とのコミュニケーション力を
向上させ、社会に出た時に問題なく接することができるようになる
ことを目的として支援を行います。

アスペルガーはIQが非常に高いという特性を持っている子がいる
一方、コミュニケーションを苦手とする子も見られ、またこの
コミュニケーションの重症度も個人個人で異なります。

そのため個別の支援が必要になってきます。

アメリカの学区ごとに異なる支援

アメリカでは学区が存在し、住んでいる学区ごとに受けられる
支援が異なります。

そのため、まずは地域の学区に連絡をして子供達が受けられる
支援やサービスを見つけることが大切です。

アメリカの連邦法では公立学校において3歳から21歳の障害者の
人々に適切な教育支援を提供することと書かれています。

もちろんアスペルガーの子供達もこの連邦法が適用されています。

個別教育プログラムIEP

そして学校ではIEPと呼ばれる個別教育プログラムが作られ、
このプログラム計画に沿って子供達への支援が行われます。

このIEPの作成にあたっては学校と保護者との相談が不可欠です。

IEP作成後は、日本でもよく言われていますが、学校と家庭が
連絡を取り合うことが大切で、交換ノートのようなもので
教師と親とでコミュニケーションを取ります。

学校と家庭でそれぞれ変わった様子が見られた際は、子供達が
示す何かのサインであることがあります。

思っていることを言葉にしない子もいるため、こう言った
やり取りは大切です。

個別教育プログラムの支援や治療には

  • コミュニケーションの向上
  • 社会性スキルの向上
  • 行動管理能力の向上

などが取り入れられています。

またアスペルガーの子供達の多くは他の発達障害も併せ持っている
ことが多い為、共存する発達障害においても併せて支援を受ける
ことが必要となってきます。

そして重要なのは、このような支援・治療を行いながら、子供達の
強みを伸ばしていくということです。

アスペルガー症候群の予防方法は現在の研究からはまだ見つかって
いませんが、アスペルガーの子供達にだからこそ見られる特性も
あります。

アスペルガー症候群の子供達は発達障害の子供達の中でも特に
ギフテッド(天才児)である可能性が高いと言われています。

他の発達障害と比べてもアスペルガーはIQが高い子供達が
存在するからです。

アスペルガーの子供達は特に、音楽や数学などの特定の分野で
秀でていると言われています。
アメリカでは数学が得意なマスキッズのための学校がありますが、
アスペルガーの子供達も多く在籍しています。

アスペルガーが障害ではなく、個人の違いとして見られる日は
そう遠くはないでしょう。

それでは。