ギフテッドの可能性を広げるアメリカのサマーキャンプ

幅広い分野で開催!アメリカのサマーキャンプ

アメリカではギフテッドの子供達の才能をさらに広げる
ためのサマーキャンプが各大学で開催されています。

日本では自然の中での体験型サマーキャンプをイメージする
ことが多いかと思いますが、アメリカではもっと幅広い分野で
様々なカリキュラムのサマーキャンプが開催されています。
今回はアメリカのサマーキャンプがどういったものなのか
お伝えしていきます。

アメリカでは長い夏休みを利用して様々なサマーキャンプが
開催されています。

基本的には、小学生から中学生が対象となっており、
・アート系

・スポーツ系
・アカデミック系
などの分野に分かれており、
期間も4日〜2週間程度とものに
よりさまざまです。

キャンプと言っても宿泊せずに自宅から通うものもあります。
例えば、1日2〜4時間、3、4日間毎日通うといった形の
ものです。

これにはアートキャンプやスポーツキャンプなどがあります。

また一方で宿泊型のサマーキャンプもあります。その期間は
親元を離れて生活します。

主催も地域の団体が主催するものもあれば大学主催のものもあります。

世界中からギフテッドの子供達が集まる!ギフテッドサマーキャンプ

ギフテッドの子供達向けには大学でサマーキャンプを毎年開催
しています。
ハーバード大学やジョンズホプキンス大学のサマーキャンプが
有名です。

ギフテッドの子供達向けのサマーキャンプでは2週間ほど大学の
寮に宿泊しながら大学の授業を受けたり、特別なカリキュラムを
受けます。

夏休みを利用して、世界中からギフテッドの子供達が集まって
きます。

アメリカだけでなく、他国からの参加もあるほどとても人気な
ため参加のためにはテストが設けられています。

ジョンズホプキンス大学のギフテッドの子供達の向けのプログラム
では参加を希望する生徒にSCAT(The School and College Ability Test
呼ばれる言語と数的テストを受けてもらい、そしてそのスコア結果
より参加が認められています。

ジョンホプキンス大学はメリーランド州にある私立大学で、
最難関校と呼ばれておりいわゆる名門校です。
ハーバード大学とともに医学校の一つでもあります。

サマーキャンプはギフテッドの子供達の抱く、どうしてなんでの
好奇心を
満たしてあげることができる場所でもあります。

またギフテッドの子供達の自己肯定感を高めてあげられる場でも
あります。

新たな経験からの発見、出会いは子供達を大きく成長させます。
子供の成長や喜びは親としては何ものにも変えられないものです。 

もちろん宿泊ということもあり、費用もそれなりにかかってきますが、
できるなら良い教育を受けさせたいと思うのが親心です。

私達親子が住むサンフランシコ周辺の大学でもサマーキャンプが
開催されています。
興味の持ったものを楽しく学べる環境を日本でも今後取り入れて
いき、ギフテッド教育を広まっていったらと思います。

それでは。