ギフテッド判定チェック

apprentice-1694970_1280

発達障害の子どもたちは、ギフテッド(天才的な能力を持つ子ども)である可能性があり、世界的にも発達障害の子どもたちに秘められた才能に期待されています。

そのようなギフテッドの子どもたちにはどのような特徴があるのでしょうか?

今回は自宅でできるギフテッド判定チェックをご紹介します。
では、さっそくみていきましょう!

ギフテッド26の判定チェック!

hook-881444_1920ギフテッド判定については日本では、現在はっきりしたものはありません。
今回はアメリカのギフテッド開発センターの判定方法を日本人向けにアレンジしたものをご紹介します。

ギフテッド判定チェック

メモの準備をお願いします。
次の26この質問にそれぞれ

① とてもそう思う

② そう思う

③ わからない

④ そう思わない

の4段階で答えてください。

基準は全て同年代のお子さんと比べてどうかという点です。

1. 論理的に考えられる

2. 物事を早く学ぶ

3. 語彙力が非常に豊富

4. 記憶力が非常によい

5. 長い間物事に集中できる

6. 敏感である(傷つきやすい)

7. 共感を示す

8. 完璧主義である

9. 感情が激しい

10. モラルに関して敏感

11. 強い好奇心がある

12. 興味があることには忍耐強い

13. エネルギーにあふれている

14. 年上と遊ぶのを好む

15. 幅広いことに興味がある

16. ユーモアのセンスに長ける

17. 読書が好き

18. 正義や平等に関心を寄せる

19. 年齢の割に大人な判断をする

20. 観察力がある

21. はっきりして想像力がある

22. 非常にクリエイティブである

23. 権威に疑問を抱く傾向がある

24. 算数が得意

25. ジグソーパズルが得意

26. 一人で考える事ができる

参考:「アメリカ ギフテッド教育最先端に学ぶ 才能の見つけ方 天才の育て方」石角友愛/ 文藝春秋(2016//6/30)

ギッフテッド判定方法

26個の質問のうち、
①とてもそう思うと②そう思うの数を数えてみてください。
①と②の数が合わせて20個以上あった場合、ギフテッドの可能性が高いといわれています。

いかがでしたか?

お子さんの性格や特徴と似ている点が多くあったという方もいるでのはないでしょうか?

日本人の10人に1人がギフテッドといわれており、そう考えると決して少ない数ではないということが
おわかりいただけると思います。
学校のクラスにも2、3人いるということになりますね。

才能が埋もれてしまう日本と才能を開花させるアメリカ

kids-1878687_1920私の娘は発達障害であり、IQ146のギフテッドですが、アメリカで暮らすようになったことがきっかけでギフテッドであることがわかりました。

娘の場合はアメリカの学校で受けた全国共通テストの結果から、学校側から”もしかしたらギフテッドかもしれない”と伝えられたことがきっかけでした。

テストがきっかけでより詳しく検査を受けることになり、2E(発達障害でありかつ、ギフテッド)であることがわかりました。

もし日本での生活を今も送っていたら、娘は変わっているなと思うくらいで発達障害であることの発見も遅れていたでしょうし、発達障害ということだけがわかり、ギフテッドであったことはわからなかったのではないかと思います。

数学が得意という才能も、IQが高いという才能もアメリカにいたからこそたまたま見つけ出してあげられたように思います。


もう少し早く見つけてあげたかったのですが、親の私に知識が全くなかったので仕方がありません。
だからこそ、同じ発達障害の子どもを持つ親御さんに発達障害の子が持つ可能性を知っていただきたいと思っています。

日本では埋もれしまっている子どもたちの才能を見つけてあげられるのは親御さん、学校の先生など子どもたちの周りにいる大人です。

日本の発達障害のお子さんを持つ親御さん、発達障害だからという理由で子どもの未来を諦めてしまうのは早いです。

才能を磨くことで発達障害の子どもはずっと伸び伸びと生きて行けます。

未来を変える力を発達障害の子どもたちは持っています。

それでは!

ギフテッドについての詳しい記事はこちら
特別な才能を持つ「ギフテッド」とは?発達障害との大きな関係性

apprentice-1694970_1280