ギフテッドIQが高い子供の脳の特徴

boys-286245_1280

IQが高い子供の脳の違い

ギフテッドの子供たちの中でもIQが高い子の脳には
共通した特徴があることがわかっています。

発達障害もギフテッドも脳の作りの違いから生じる
ものですが、IQの高いギフテッドの子供たちの脳には
どのような違いがあるのでしょうか。

IQの高い子供は大脳の成長が遅い!?

IQの高い子供達の脳に関して面白い論文が発表されて
います。

2006年にアメリカの国立精神衛生研究所が発表した
論文よると、IQが高い子供の脳はそうでない子供の脳に
比べて、大脳の一部である前頭前皮質の厚さが薄いと
いいます。

これは300人以上の6〜19歳の子供達の脳をMRIで撮り
調べたものです。

成長過程のおいて、前頭前皮質は7、8歳で厚みがピークに
達するのですがIQの高い子供達(この研究ではIQ121〜145の
子供達のグループ)は12歳で厚みがピークに達することが
わかりました。

ピーク時の前頭前皮質の厚さ自体もIQが高い子供達は
そうでない子と比べて厚いということがわかっています。

前頭前皮質の厚さがピークに達すると次の成長過程の
ステップとして脳は成熟プロセスに入ります。
この成熟プロセスというのは厚くなった前頭前皮質が
薄くなっていくプロセスです。

IQの高い子供達の脳は前頭前皮質の成長がそうでない子供達
と比べてゆっくりであり、成熟プロセスに入ると一気に成熟し、
この成熟スピードはそうでない子供達よりも早く進みます。

そして、成熟が終わる頃には前頭前皮質の厚さは
そうでない子供達よりも薄くなっているということです。

つまり、まとめるとIQの高い子供達は前頭前皮質の厚さが
厚くなるという成長がゆっくりであり、
ピーク時の厚さも厚く、成熟プロセスに入るのが遅い一方で
成熟プロセスに入った途端一気に成熟し、最終的に厚さは
薄くなるということです。

ゆっくりとした大脳の成長は複雑な回路を形成している!

そしてこの調査結果から最初のゆっくりのとした成長は
脳の複雑な回路を発達させていくことに
役立っているのではないかという考えが濃厚になりました。

前頭前皮質の働きには、実行機能があります。
目標を決めて、計画を立て実行する能力や整理整頓能力、
また人格形成にも関わってくる分野であると言われています。

そのため7、8歳のギフテッドの子供達はまだ前頭前皮質の
成長がそうでない子供たちよりも遅れているため、
学校での生活で支障をきたしてしまうことがあります。

行動がみんなよりも遅かったり、片付けができなかったり、
そう言ったことで周りの友達からも先生からも注意されて
しまうことがあります。

しかし、成長するにつれてギフテッドの子供達はそれぞれの
分野で能力を発揮し始めます。

またギフテッドと気づかず日本のように特別な教育を
受られずに大人になってしまったギフテッドの人達も、
振り返ってみると子供時代がそうであった人が、
大人になって様々な分野で活躍しているということが
起きています。

ギフテッドはこう言ったことからも発達障害の症状と
似ていると言われており、その境目はとてもグレーで
曖昧です。

だからこそ、発達障害の子供達はギフテッドの可能性が
高いと言われているんですね。

boys-286245_1280