天才児と呼ばれるギフテッドの判定方法 

boy-183306_1280

発達障害の子はギフテッド!?

発達障害の子供達はギフテッドである可能性が
そうでない子供達と比べると、はるかに高いです。

娘の通うサンフランシコの学校はギフテッドの子供達が
アメリカ中から集まってきていますが、
多くの子供達が発達障害を併せもっています。

優れた才能を持つギフテッドの子供達はどのようにして
ギフテッドと判定されているのでしょうか?

日本では現在ギフテッドの判定基準がありませんので、
今回はアメリカで行われているギフテッド判定をご紹介します。

最初に気づくのは家庭それとも学校!?

子供の様子を見ていて、ギフテッドかもしれない
最初に気がつくのは親御さんであることが多いです。

もちろん、日々の学校生活の様子を見ていて、学校側特に
担任の先生からギフテッドである可能性があるから
検査をしてみてはどうかと提案されるケースもあります。

学校ではこれまでの授業で作ってきた作品なども
芸術性、創造性などを見る際の1つの材料となります。

ちなみに娘の場合は学校から言われて判定を受けることを
決めたケースでした。

知能テストとQAメソッドの組合せ

実際の判定はどのようなものが採用されているかというと、
知能テストで成績やIQを測る定量的方法と、
QAメソッドと呼ばれる定性的方法を組み合わせた判定が
行われています。

アメリカでは学区によってギフテッドの定義や判定方法が
異なっているためどちらを重視するかなどポイントの違いは
みられるものの、2つの方法を合わせて総合的に判定して
いくところがほとんどです。

最新!IQ判定CogATとNNAT

知能テストでこれまで使用していたのは、スタンフォード・ビネーテストや、
ウィスク・テストでした。

これらはIQを測るものですが、言語能力が必要となってくるため、
文字が読めない幼い子供や、文字が読めるであろう
6歳ぐらいの子供であってもバイリンガルの子供の場合は
同じ年齢の子よりも言語能力の成熟度が低い場合が多く、
正確なIQの数値が出ないという懸念点がありました

そこで近年使用されるようになったのが、英語の言語読解能力を
必要としない、
CogAT(認知力テスト)とNNAT(ナグリエーリ非言語テスト)
です。

現在IQテストはこの2つを取り入れているところが多いです。

専門家が直接判定QAメソッド

QAメソッドは、専門家が検査対象の子供と一緒に遊んだり、
ヒアリングをする中でギフテッドの特性を見ていくものです。

事前に家庭で記入してもらっている生活の記録や普段から見られる
特性などを家族からヒアリングして総合的に判断していきます。

知能テストだけでは創造性や芸術性、思考などの面が全てわかる
訳ではないので、QAメソッドを使用して、知能テストでは
わからないところを見ていきます。

このQAメソッドに関してはアメリカではギフテッドの判定を
行っている専門家がおり、知能テストも含めギフテッド判定は
トータルで500ドル〜1000ドルで出来きます。

値段を見ると人それぞれ感じるところはあるかもしれませんが、
子供達の未来を切り開くための未来投資と思うと親として
決して払えない金額ではないなというのが個人的な感想です。

日本にはまだ発達障害の子がギフテッドの可能性が高いということも、
このような判定があることも知られていないのが現状だと思います。

これから日本でも浸透していき、多くの子供達がギフテッドとして
才能を伸ばし、将来活躍する日が来るのが楽しみです。

それでは。

boy-183306_1280