14歳のアスペルガーアーティスト〜写真と見間違えるほど繊細な絵を描く少年〜

icach

天才!アスペルガーアーティスト

まさにこれが発達障害の子供達が持つ才能です!

先日、アスペルガーアーティストの少年の記事を見つけましたので
ご紹介します。

アメリカに住むクリス・ベイカーくん14歳はアスペルガーであり、
ギフテッドを併せ持った2eの少年です。

彼の描く絵が今注目を集めています。

クリスベーカー
http://www.itv.com/news/wales/2015-08-27/teenage-artist-with-aspergers-syndrome-draws-stunning-photorealistic-pictures/

彼の絵を見た時、誰もが写真と見間違え、絵だと気付いた瞬間、
はっと息を飲むような驚きと感動があります。

この絵を描いたのが14歳の発達障害の少年だということは
誰も想像できないですよね?

天才少年の幼少期とは

クリスくんはどんな幼少期を過ごしてきたのでしょうか?

クリスくんのお母さんの話によると3歳までは他の子と
比べて
目立った違いはなかったそうです。

しかし、幼稚園に行くようになると違いが明らかになってきた
と言います。

クリスくんは他の子とは一緒に遊ぶことができず、いつも
一人でいることが多かったそうです。

幼稚園では他の子と同じようにできず暴れまわっており、
クリスくんのお母さんもそんな我が子を見てどうしたらいいか
当時は分からなかったと言います。

日本でも、発達障害のお子さんを持つ親御さんの悩みとして
よく聞かれるものの一つですよね。

クリスくんはアスペルガーの子供の特徴が幼い頃からよく
現れていました。

学校が合わずホームスクーラーを選択

中学校に上がると、クリスくんは授業ごとに一人で教室を
移動しなくてならなくなり、この移動が困難で学校生活が
大変になり、
行きにくさを感じるようになったと言います。

クリスくんは学校側のサポートもほとんど受けられず、
彼のお母さんは先生に何度もアスペルガーであり発達障害で
あることをお話しましたが、
“同じ年の子はそんなこと出来て当たり前だ。”と言われて
しまい、先生からはアスペルガーのことを全くわかって
もらえなかったと言います。

周りの子と比べてできなきことばかりに注目されていまい、
いいところになかなか目を向けてくれない。

これは、日本の学校でもよくあることですよね。

実施に同じ想いや悩みを抱えている親御さんも多くいるか
と思います。

アメリカでは現在、発達障害やギフテッドの子供達への支援は
世界で
トップクラスですが、田舎の学校ではまだ十分ではなく、
残念なことに、クリスくんの学校はアメリカの中で発達障害に
ついての支援や担任の先生の理解が薄く、学校生活において
適応性がないと判断されてしまいました。

クリスくん親子は学校で無理を強いられるよりもホームスーラーに
なることを選択しました。

そして、それが転機となり、クリスくんのアーティストとしての
才能が開花し始めました。

彼はは独自性を発揮し、作品を創り出すようになりました。
鉛筆を芯の太さ別に使い分けて、何時間もかけて1つの作品を
描き切ります。

アスペルガーの特性には、

□ 視覚から入る情報の記憶力が優れている
□ 観察力に優れている
□ 集中力がある

などがありますが、
アスペルガーの才能を大いに発揮した例がクリスくんの才能と
言えますね。

彼は現在学校に通わずフリーランスのアーティストとして
活動しています。

クリスベーカー
http://www.itv.com/news/wales/2015-08-27/teenage-artist-with-aspergers-syndrome-draws-stunning-photorealistic-pictures/

理解されずに苦しんだ時期もあり、学校から離れるという
大きな決断をし、そこから抜け出したことで才能を伸ばす
ことができたというのは、一つの例として親である私達にも
とても参考になるものです。

学校に通う、通わないどちらがいいということではなく、
発達障害のお子さんを持つ親御さんや子供達自身にとっても
素晴らしい可能性があるという希望となるニュースでした。

それでは。

icach