アスペルガーアーティストの少年絵本を出版

aspergerartist01

http://jacksonville.com/news/health-and-fitness/2012-05-15/story/jacksonville-boy-aspergers-syndrome-displays-creativity

10歳の2eギフテッド

今回はフロリダ州ジャクソンビルに暮らす、アスペルガーであり
2eのギフテッドの少年カレブ・ブラウンくんのエピソードを
ご紹介します。

カレブくんは彼の持つクリエイティビティをアーティストとして
発揮させました。

カレブくんは絵を描くのが大好きな少年で今から4年前10歳の頃に
絵本を出版しました。

変わった習慣と流暢な言葉遣い

カレブくんは幼い頃はどんな子だったのでしょうか?
彼はハイハイや普通に歩くことをしなかったといいます。
どうしていたかというとひじを滑らせて移動していたというのです。

また一風変わった習慣として、靴下を枕の下に隠すという
習慣がありました。
そしてシリアルを食べるときミルクに浸っていると嫌がって
食べないというこだわりを持っていたと言います。

そしてアスペルガーの子供達に見られる、語彙が豊富で
大人のような言葉遣いで流暢に話すという特徴が見られました。

そんな様子を見てカレブくんのお母さんは彼が3歳の時に
病院へ連れて行きました。
そこでアスペルガーであると診断されたと言います。

いじめからホームスクールへ

学校ではこういったカレブくんを見て、周りの子供達は
変わってると言って仲間はずれにしたと言います。

クラスの子に悪口を言われてしまい、それに対しては
おかしいと思うんだけど、その内容は本当のことで
みんなに変わってると言われると、言い返せないんだと
当時カレブくんは話していたと言います。

小学校低学年で、彼は学校へ行きにくさを持つようになり、
それからはホームスールで学ぶようになったと言います。

ユニークな絵でクリエイティビティを開花!

そして絵を描くのが大好きだったカレブくんはさらに
絵を描くようになります。

彼の絵はとてもユニークです。

レモネードの海、ブロッコリーの悪魔、
怠け者の巨大ゾンビエイリアン、ベーコンが降ってくる空
など独自の世界を創り出していきます。

絵を描く時は決まってクレヨンを使います。
彼はクレヨンが減っていくのを見るのが好きなんだそうです。

どうして絵を描くのか聞くと、初めはただ面白い絵を描くのが
楽しかったからだと言います。
それが徐々に様々なことからインスピレーションを受ける
ようになり、アイディアが沸き起こる度に絵を描くように
なったと言います。

集まった作品を本にして出版

そして数多く溜まった作品を彼のお母さんが本にして
出版することにしました。

2012年カレンダーも発売されカレブくんの本はKindleでも
読むことができるといいます。

本を出版することで、いじめられてしまって自信を失って
しまったカレブくんを勇気付けたかったとカレブくんの
お母さんは話していました。

発達障害であっても自信を持って生きていってほしいと想う
カレブくんのお母さんの願いは発達障害のお子さんを持つ
親御さんなら、どなたでも感じることなのではないかと思います。

そしてこのカレブくん親子ですが、病院での診断の中で、
親子でアスペルガーであったことがわかったと言います。

私たち親子も、親子揃ってアスペルガーですが、
発達障害は遺伝要因も大きく関係しており、
アメリカではお子さんの診断をする際のヒアリングで、
親も発達障害であるとわかることがあります。

発達障害であることを受け止めそこからどう才能を
活かして生きていくかを決めていくことが大切ですね。

aspergerartist01