発達障害種類別〜才能が活かせる向いている仕事〜

businessman-1492563_1280

脳の個性と才能を活かす

発達障害の人が向いている仕事には
どのようなものがあるのでしょうか。
実は、発達障害だからこそ向いている仕事があります。
苦手なものは避けて、好きなものを活かせるような
仕事に就くことができたらいいですよね。

発達障害でも弁護士、医師、アーティスト、スポーツ選手、
著者など世界中で多くの人が活躍しています。

脳の個性と才能を活かすことができれば、
他の人よりもむしろ力を発揮することができるんです。

抜群の行動力!ADHD

同じ場所に留まらず、飛び回れる仕事が向いています。
ADHDの特徴である活発な脳、リスクを恐れない、
あらゆる面から問題点を見ることができる、
簡潔で明確な解決策を見つけることができるなどの
特性を活かした仕事が向いています。

ADHDの人にとって、ずっと同じ空間で単純作業や事務作業を
やり続けるのは苦痛でしょうがありません。

体を動かしたり、日々変化のあるものを好む傾向があります。
才能が活かせる職業には次のようなものがあります。

・ 発明家
・ 設計士
・ ラジオやテレビのレポーター
・ 警察官
・ 消防士
・ 芸術家
・ 写真家
・ パイロット
・ スポーツ選手
・ スポーツインストラクター
・ コーチ
・ 講師
・ ファッションモデル
・ 広報コンサルタント
・ 営業マン
・ フリーの著者、芸術家、編集者

IT業界を支える!自閉症スペクトラム

自閉症スペクトラム(自閉症、アスペルガー症候群)の人は
細部を見る能力(局所分析力)が高く、記憶力もあります。

また一つのことを継続してやり続けることができるため、
研究者や技術者にも向いています。
これから期待されているIT業界、
特に人工知能の研究などで自閉症スペクトラムの人の力が
多いに役立つでしょう。
シリコンバレーのIT企業ではむしろ欲しているほどです。

また自閉症スペクトラムの人は感覚が鋭く、
聴覚、視覚、嗅覚に優れていることが多いです。
そのため苦痛の原因になる刺激を取り除き、
心地よく働ける環境作りが大切になってきます。
才能が活かせる職業には次のようなものがあります。

・ コンピュータープログラマー
・ 工業デザイナー
・ 検査技師
・ 会計士
・ 工芸職人
・ 飛行機、自動車整備士
・ 大工
・ 庭師
・ 事務員
・ 銀行の出納係

自閉症スペクトラムの人はフリーで仕事をすることで、
会社のしがらみから解放され能力を発揮できることがあります。

規格外の発想と優れた芸術性 ディスクレシア

ディスクレシア(読字障害)は右脳が発達しており、
他の人よりも視空間能力に優れています。
芸術的な才能もあります。
ただ、文字を読む仕事が主となるものは苦痛であるならば、
避けた方が良いでしょう。
幼い頃から訓練を受けると、受けなかった場合よりも
ずっと読む力がつきます。
またこれは大人のディスクレシアの人にも言えます。
大人であっても専門の訓練を受けることで、改善される場合は
多く見られます。
才能が活かせる職業には次のようなものがあります。

・ グラフィックデザイナー
・ 起業家
・ 映画製作者
・ インテリアデザイナー
・ アニメーター
・ 技術者
・ 物理学者
・ 芸術家
・ 建築家
・ コンピューターソフトの設計者
・ 外科医
・ 発明家
・ 写真家
・ 操縦士
・ テレビカメラマン
・ ファッションデザイナー
・ 広告デザイナー
・ 製品デザイナー

参考:「脳の個性を才能にかえる 子どもの発達障害との向き合い方」
トーマス・アームストロング/ NHK出版(2013/6/25)

いかがでしたか?
発達障害は脳の障害です。
神経回路の一部がうまく機能しないために他の人と比べて
できなかったり、苦手なところがあるんです。
しかし、一方で脳の構造上、得意とする分野もあります。
そこを伸ばして活かせれば、社会から重宝される人に
なることができます。

businessman-1492563_1280