発達障害でありギフテッドの子供達の特徴

アメリカの学校から見えたギフテッドの特徴

アメリカのギフテッドの子供達が通う学校では、私の娘のように
アスペルガーをはじめ、発達障害を併せ持った2eの子供達が
たくさんいます。

そして、発達障害を併せ持ったギフテッドの子供達に共通した
特徴について学校を通して見えてきたものがあり、今回は
そのことについてお伝えしていきます。

社会性と情動的知性を育てるSEL

アメリカのギフテッドのための学校では

  • 知的好奇心
  • 探究心
  • 創造的思考
  • 判断的思考

を育てるカリキュラムが組まれていますが、これらに加えて

  • 感情的教育
  • SEL(Social and Emotional Learning)と呼ばれる
    社会性と情動的知性を育てるプログラム

に力を入れて取り組んでいます。

SEL(社会性と情動の学習プログラム)は欧米諸国で注目され、
導入されているプログラムです。
社会性と情動的知性を育てることで、学力が向上したり、
また非行に走ることを予防できたりといった効果があります。
イリノイ州では州の取り組みとしてSEL(社会性と情動の学習プログラム)
の効果が出ています。

アメリカの他にはデンマーク、スウェーデン、イギリスでも導入されて
います。

SEL(社会性と情動の学習プログラム)は80種類ほどあるプログラムで
薬物防止など様々なプログラムがあります。

さらにSLEを受けることで

  • 自己への気づき
  • 他者への気づき
  • 自己コントロール
  • 対人関係
  • 責任ある意思決定
  • 生活上の問題防止の能力
  • 人生の重要事項に対処する能力
  • 積極的、貢献的な奉仕活動

とこの8つの社会的能力が育ていくことが期待されています。

SEL社会性テストの結果が語るギフテットの特徴

このSEL(社会性と情動の学習プログラム)ではSELテストと
いって子供達の社会性をはかるテストがあります。
このテストの結果がギフテッドの子供達が通う学校では他の
アメリカの学校に比べて大きな違いが見られました。

SELテストは8点満点ですが、娘の通う学校ではなんと
平均値が0.2点でした。
これは社会性に乏しいことを表しています。
確かに娘の通うギフテッドの学校の子供達は人と目を合わせない
です。

IQは非常に高いですが、日本でなら変わってると言われて
しまうような子供達ばかりです。

でもこれがギフテッドの子供達なんです。
日本でなら、どんなに頭が良くても、社会性に欠けていると
その点にばかり目が向いてしまいがちです。
優秀だけど、将来どうやって社会になじませていったら
いんだろうかなどと心配事ばかり膨らんでいってしまいます。

しかし、アメリカではそう言った事は日本と比べてさほど
気にしていません。
それよりも、ギフテッドの子供達や親御さんは子供達の
持っている力をいかにして伸ばすかに力を入れています。

望む教育を受けさせてあげられるように。
好きな高校や大学に進学できるように。子供達をサポートしています。
苦手なところよりも良いところを伸ばす。

とてもシンプルな考えで子供の行く道を見守っています。