ITの最先端シリコンバレーの天才は発達障害が多い!?

google-485611_1280

天才が集まるシリコンバレー!

シリコンバレーはIT業界の世界の中心であり、天才が多く
集まることでも有名です。
そしてそのシリコンバレーの天才達は発達障害を併せもった
人が
多くいるといわれており、現在注目を集めています。

シリコンバレーには、Apple、Google、Facebook、Twitter、Intel
などの大手IT企業が集まっています。
シリコンバレーにはアメリカ中から能力の高い素晴らしい経営陣や
プログラマーが集結しています。

アスペルガーはIT業界の担い手!

シリコンバレーのIT企業に勤める優秀なプログラマーには
アスペルガー(自閉症スペクトラム)の人が多くいます。

IT企業に勤めるプログラマーのうち1割は発達障害であると
言われていますが、実際はグレーゾーンの人も含めるとかなり
多いです。

その多さから、アスペルガーはシリコンバレー症候群」とも
よばれています。

アスペルガーには、

・ 高度な言語スキル
・ 高い知能(IQが高い)
・ 特定の分野での強いこだわり
・ はまった分野に対しての集中力が高い
・ 視覚から入る情報の記憶力が優れているため細部を見る力に優れている
・ 観察力に優れている

などの才能があります。

これがプログラマーというところで大きな力を発揮しています。
見えない細部にまでこだわり、次々と新しい数列を
プログラミングしていく創造性と根気強さは
アスペルガーに備わった力です。

そしてこれらのIT企業の経営陣、プログラマーはもちろん
シリコンバレー周辺で暮らしています。
そして、社内結婚であったり、この一帯で出会い結婚される方
もいます。

するとどうゆうことが起こるか、
天才同士の結婚により、生まれてくる子供も天才として
生まれてくる可能性が高いということが起こります。

また、発達障害は先天性であり、遺伝も要因として
大きく関係していますので、生まれてくる子供も
発達障害である可能性があるわけです。

発達障害でありかつ天才同士、または両親のうちどちらかが
こういった特性を持っていた場合、生まれてくる子供も
発達障害であり
ギフテッドという可能性が高いということです。

実際のこの現象がシリコンバレーやサンフランシスコ周辺で
起きています。

天才を育てる学校が多数!

またシリコンバレーにはシリコンバレーを産業エリアに成長させた
スタンフォード大学があります

スタンフォード大学は現在アメリカで最も高い評価を受けている
名門校の1つです。

シリコンバレーの発展にはスタンフォード大学の卒業生で
あり電気工学の教授であるフレデリック・ターマン氏が
大きく関わっています。

スタンフォード大学の卒業生は就職先が周辺になく、
多くの学生がシリコンバレーを離れ東海岸へ移ってしまう
ということがあり、フレデリック・ターマン教授は学生に
大学の周辺で自分たちで事業を起こすことを勧めました。

そこから発明家達の事業が始まり、今日のシリコンバレーの
発展につながりました。

またシリコンバレーやサンフランシスコ周辺には
ギフテッドの子供達が通う、学校が多くあります。

このようにシリコンバレーには天才を集め育てる、
学校や企業が多く存在しているんです。

アスペルガーなどの発達障害には、コミュユケーションが
苦手だったり周りを合わせるのが苦手だったり、自分が
納得したものでないとやらないなどといったことも人に
よっては見られるのですが、それでもアメリカのIT企業では
アスペルガーの能力を買い、
力を求めています。

そして、そこは会社側のサポートが大切だということ
企業側は理解しており、対策も考えて採用や雇用形態の
見直しもしています。

日本でもこういった取り組みがどんどん取り入られていけば、
アスペルガーはアメリカのIT業界のように新しいものを
生み出す際の
キーパーソンのなり得ます。
日本の企業の今後にも発達障害の人達の才能が必要であることは
間違いありません。

それでは。

google-485611_1280