ADHDの子どもの才能を引き出し成功へ導く7つの要素

発達障害の弱みは強みになる!

ADHDの子供達は集中力がない、衝動的であるなど欠点ばかりに
注目されてしまいますが、逆を言えば欠点や弱みは強みになる
ことがあります。
ADHDの子供達にだからことある強みも存在しています。
そこで今回はADHDの子供達の才能を引き出し、成功へ導くための
7つの要素についてお伝えします。

1視覚的記憶力が良い

ADHDの子供達は抽象的な概念のものにはあまり興味がなく、
どちらかというと苦手です。
具体的にイメージに置き換えるとわかりやすいため、
文章だけで伝えるよりも図やイラストなど視覚的情報を
加えた方がより伝わります。
そして、ADHDの子供達はこの視覚的情報についての
記憶力はそうでない子に比べて非常に高いです。
昔見たことがあるものなどを詳細に覚えておくことができます。

2エネルギーに満ち溢れている

ADHDの子供達はパワフルで、いつも活動的で無限のエネルギーを
持っています。このエネルギーを上手に使うことができれば、
才能を発揮することができます。
スポーツで発揮したオリンピック選手もいます。
じっとしていることが苦手でいつも元気に動き回ってた少年に
水泳という最もエネルギーを消費する過酷なスポーツを与えると
その少年はぐんぐん成長を見てオリンピックの歴代金メダル獲得数
1位の選手となった。これがマイケル・フェルプス選手です。

3高い集中力を発揮する

ADHDの子供達は集中力がないと言われていますが、これは何に
対しても当てはまるものではありません。
ADHDの子供達の脳は刺激的で、満足感の得られるものに対して
高い集中力を発揮します。これは体を動かすものであってもの、
脳を使って考えるものであっても、手を動かして何か製作するもの
であっても同じです。
興味の持ったものへの集中力は素晴らしいものがあります。
周囲の様子など気にならないといった様子で黙々とし続けます。

4簡単に諦めない

ADHDの子供達は自分に厳しい特徴があり、物事を最後まで
諦めません。
やると決めたら、最後までやってのける力があります。
粘り強さはADHDの子供達が持った素晴らしい能力です。
やりたいことを見つけたらやり続けられるということは誰もが
できることではありません。
時に頑固と言われてしまうこともありますが、立派な長所です。

5同時に複数のことができる

ADHDの子供達が成長していく過程で、この能力が発揮されます。
ADHDの人は同時にいくつものことをすることを好む傾向があります。
飽きっぽいところがあり、短期集中型ではありますが、次から次へと
色んなことに取り組んでいきます。
電話しながら、文章を書くなんてことができてしまうのです。
一度に複数のことができるため、経営者に向いているとも言われて
います。

6いつでもリスクを取ることができる

これも成長の過程で発揮されてきます。
いつも刺激を求めている点や優れた行動力がある点などがうまく働き、
人ができないようなリスクを取り進んでいくことができます。
時に周囲を驚かせることもありますが、その決意は周りの人の希望に
なったり、信頼を得ることに繋がったり、周囲の人を巻き込む力を
ADHDの人は持っています。

7繊細であり思いやりがある

成功の75%は感情的知性と共感する力にあり、残りの25%はスキルや
資格などによるものと言われています。
そしてADHDの人は感情的知性と共感する力両方においてとても
優れています。
共感する力は思いやりとなって周囲の人たちの関係で自然と現れて
きます。
ADHDの人は友人、仕事のパートナーにおいても良い関係を築くこと
ができます。

いかがでしたか?
ADHDの子供達にはこんなにも素晴らしい特性があります。
これらの才能を引き出すことでADHDの子供達の未来広がります。