発達障害自閉症スペクトラムと遺伝の関係性 

baby-17342_1280

自閉症スペクトラムは心の病気ではない

自閉症スペクトラムはコミュニケーション、社会性、
想像力の3つに問題があるとされている発達障害すが、
少し前まで心の病気と誤解されていました。

自閉症スペクトラムをはじめ、発達障害は心の病気ではなく、
生まれつきの脳の機能障害によるものです。

原因はいくつか考えられますが、今回は遺伝の関係性に
ついてお伝えしていきます。

同家系に発症する確率が高い!?

いくつかの研究により、自閉症スペクトラムの発症には
遺伝子の発現の異常が関係していることがわかっています。

家族や双子を対象にした発現の研究では同家系に発症する
確率が高いという結果が出ています。

双子の中でも同じ遺伝子を100%共有している一卵性双生児では
二人とも自閉症スペクトラムを発症する確率は50〜99%であり、
遺伝子を50%共有している二卵性双生児や兄弟では
二人とも発症する確率は5〜10%であることがわかっています。

兄弟よりも一卵性双生児の方が二人とも自閉症スペクトラムで
ある可能性は高くなります。

また両親のうち片方または両方が自閉症スペクトラムの場合、
子供が発症する確率が高くなります。

私達親子がまさにこれに当てはまっており、
親子でアスペルガー症候群です。

私たち親子の場合は娘がアスペルガーであることが診断から
わかり、親である私もその傾向があることが専門機関を通じて
判明しました。

もちろん親子だからと言って100%遺伝するわけではありません。

同家系に発症することが多いということでしたが、
自閉症スペクトラムは自閉症の親から自閉症の子が生まれるとは
一丸には言えず、自閉症の親からアスペルガーの子が生まれる
こともあるようです。

環境要因は二次障害に繋がる!?

発症の原因のうち遺伝と合わせて環境要因もよく挙げられて
いますが、環境要因はどちらかというと二次障害の発症に
関係してくるのではないかと思います。

発達障害における二次障害はできないことにばかり
注目されてしまうことで、発達障害の子供達は周囲の人達に
よって自己肯定感を奪われていきます。

自己肯定感が低い子になると自分はできない子なんだと
思うようになり、これにより様々な問題が学童期以降(6歳〜)
生じ始めます。

具体的には、劣等感、うつ症状、対人恐怖症、反抗心や攻撃感情、
いじめ、不登校、暴力などです。

発症の原因は少しずつ解明されてきていますが、まだまだ研究の
余地があります。

私達親子が住むサンフランシスコやシリコンバレー周辺には
親子で発達障害でありギフテッドである人達が多くいます。

もちろんグレーゾーンの人も含めてですが。

それを見ているということもあり、遺伝説は濃厚なのではないかと
思います。

baby-17342_1280