これが自閉症アーティストの才能!記憶力のみで世界の都市を描写

%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%b3%ef%bc%94

自閉症の特徴とは?

自閉症は発達障害の一つで、対人関係が苦手であったり、
コミュニケーションや言葉の発達の遅れがみられたり、
強いこだわりを持っていたりといった特徴がみられます。

その一方で自閉症の人達は絶対音感を持っていたり、視空間認知能力、
細部を見る能力など優れた才能を持っている可能性が非常に高いです。

今回はそんな自閉症の才能を開花させ世界を驚かせた自閉症アーティストを
ご紹介します。

上空からの都市を記憶し描写!!

イギリス人の自閉症アーティスト、スティーブン・ウィルシャー氏は
ヘリコプターに乗り上空から眺めた都市の様子を記憶だけで鮮明に描く
ことができます。

5_e2
https://www.youtube.com/watch?v=-DaEXnIm1Ns

たった一度眺めただけでこの描写です!

通りやビルの細かなところまで描く彼の記憶力は才能としか言いようがありません。

メキシコシティの絵はわずか30分、ヘリコプターで上空から眺めただけ
ここまで完璧に覚えてしまうというから驚きです。

スティーブン氏は多くの人が見ている中でこのパノラマ図を描くという
パフォーマンスをしています。

スティーブン氏は現在も世界中の都市を巡りながらパフォーマンスを
続けているといいます。

巡った都市はニューヨーク、ローマ、ロンドン、シンガポール、香港
などがあります。

そして2005年には東京にも訪れており、東京タワーをはじめ、
東京の街並みをパノラマ図におさめています。
Stephen_Wiltshire_draws_Tokyo_Panorama_e
https://www.youtube.com/watch?v=-DaEXnIm1Ns

スティーブン氏は3歳で自閉症と診断され、5歳になるまで
話すことがなかったそうです。

これは自閉症の特徴の1つで、言葉の発達に遅れがみられ話し始めるのが
遅いというものに当てはまります

幼い時は心配も多かったものの、今では世界を渡る素晴らしい
アーティーストとして活躍している一人です。

スティーブン氏のほかにも、自閉症のアーティストは世界中で
活躍しています。
自閉症の人は絵画などのアーティストとして才能の開花させた
人が多いようです。

自閉症は右脳肥大による才能!?

そして自閉症の人がなぜこんなに芸術性に優れているかというと
これは脳のつくりに理由があります。

発達障害である、自閉症やアスペルガーの人の脳には右脳の肥大がみられます

左脳は論理的に考える働きをしており言葉や文字の認識を行っています。

右脳は感性や五感で感じた感覚を認知する働きがあります。

また、右脳の働きが強い人は、視覚的情報に強く、一度見たものは忘れない
という特徴があります
さらに直感に強く、ものごとの脳内の処理速度は左脳が強い人に比べて速いです。

いかがでしたか?

右脳が大きく、発達しているため自閉症やアスペルガーの人は感性が豊かであり、
さまざまな芸術性に優れてるということなんですね。

それでは。

%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%b3%ef%bc%94