アスペルガー誤診ということも!?発達障害を伴うギフテッドと伴わないギフテッド

schoolboy-study-girl-schoolgirl-parta

天才の20%が退学!?

私の娘のようにアスペルガーでありギフテッドである子と、
発達障害を伴わないギフテッドの子の違いは大変わかりにくく、
しばしば誤診されてしまうことがあります。

というのも、発達障害を伴わないギフテッドの子供達は
周りの子との違いを常に感じており、精神的苦痛からくる
行動が、アスペルガーなどの発達障害の子供達に見られる
症状に重なるものがあるため、病院での診断で誤診されて
しまうことがあるんです。

アメリカのある研究では天才と呼ばれる人達のおよそ20%が
退学を経験していることがわかっています。

それにもかかわらず、ギフテッドの子供達は一般的に
社会的問題や感情的問題を抱えていない
と考えられています。

ギフテッドの中でも、比較的何でも短期間で学ぶことが
できる子供達は、期待に応えることがプレッシャーになったり、
学校の授業が退屈で、時折問題行動を起こしてしまったりと
学校のルールや枠の中でうまくやっていくことが難しい子もいます。

では実際に誤診されてしまう例にはアスペルガーを
含めて他にはどのようなものがあるのでしょうか?

誤診されてしまう症例のケース

①アスペルガー

アスペルガーを併せ持ったギフテッドと発達障害を
伴わないギフテッドの違いは人のコミュニケーションの違い
がいちばんにあげられます。

アスペルガーの子は沈黙のサインや人の感情をつかめず
対人関係を苦手としている子が多いです。

アスペルガーの子は友達を作ろうとせず、
一人でいることを好みます。

一方で発達障害を伴わないギフテッドの子は
他の人を思いやる力に長けており、社交的です。

もし、お子さんがお友達や周りの大人達とも上手く
付き合えているのであれば、アスペルガーである
可能性は低いかもしれません。


②精神障害

ギフテッドの子供達は繊細で傷つきやすく、
完璧主義なところがあるため自分にも厳しく、
よく自分を責めてしまう傾向があります。

また、社会と他人の中の矛盾や不合理を感じており、
そのため人と違うと感じたり、疎外感を感じることが
多いようです。

これは躁鬱病の患者が多く感じていることです。
ギフテッドの子供達が周りと違うといって疎外感を
感じてしまうのは、学習のスピードが違っていたり、
特定の分野で長けていることを考えると当然のこととも
言えますね。
そこを精神疾患と見分けることが非常に難しいところ
ではあります。


③強迫神経症

ギフテッドの子供達は完璧主義であり、
他人が自分の理想と異なることをしたり、
自分の理想を受け入れられずに指示されたりすると不快になり、
時折怒りを感じることもあります。
この態度が強迫神経症と誤解されてしまうことがあります。


④反抗挑戦性障害

ギフテッドの子供達は断固とした態度を見せることがあります。

しかし、そういった態度の底にあるのは、真剣さ、繊細さ、
強い正義感や理想への探求心といったものからきています。
ギフテッドの子供達は自分の考えを否定されることをとても
嫌います。

そして納得のいかないルールに対して疑問を持ち、質問を
繰り返します。

疑問を持つと指示を出す人や権力者に対して強い反抗心を
抱くこともあります。

こういった面が反抗挑戦性障害と捉えられてしまうことが
あるんです。


いかがでしたか?

・アスペルガー
・精神障害
・強迫精神症
・反抗挑戦性障害どれも発達障害による症状なのか
・ギフテッド特有の悩みからくるものなのか

といった見分けは専門家であっても
正直難しいところではあります。

発達障害を伴うギフテッドも伴わない
ギフテッドも似たような症状が
見られるということを知っていただき、
正しい診断によりその子にあった適切な支援を
していくことが大切
ですね。

それでは。

schoolboy-study-girl-schoolgirl-parta