発達障害ADHDの優れた才能とは 

ADHDの子供達は落ちこぼれではない!

ADHDは発達障害の一つです。そのため、日本では障害を持つ
問題児として見られてしまうことが多く、学校でもそのような
扱いされてしまいがちです。

しかし、ADHDの子供達は日本の学校教育形態があっていない
だけで、決して落ちこぼれの子供達ではありません。
ADHDの子供達の特徴、周囲の対応方法、才能にはどのような
ものがあるのでしょうか?

日本の学校教育が合わないわけ

ADHDにはじっとしているのが苦手な多動性・衝動性優勢型の
子供達がいます。
多動性・衝動性優勢型の子供達は席に座って、先生の話を聞く
スタイルの学習が苦手です。

ADHDの子供達は好奇心旺盛であり講義型の座って話を聞く
学習よりも、体験型学習の方が特性的にも向いてます。
実験など体験型の学習はADHDの子供達が力を発揮できる場所です。

ADHDの子供達は、いつもせわしく働いている脳で、よく考え
思考を巡らせることが常となっているため、仮説を立てて
検証していく授業などはADHDの子供達にはぴったりです。
また、手を動かす作業があったり、体全体を動かすスポーツなどの
授業も得意とすることが多いです。

日本の小学校、中学校、高校どれを取っても日本の学校は講義型の
学習が多くそもそもADHDの子供達には適していないのです。

日本とアメリカの学校の学習の違い

一方、アメリカでは、STEAM教育の導入が増えてきておりより、
体験型の授業が推進されています。

STEAM教育は

  • Science 科学
  • Technology 技術
  • Engineering 工学
  • Mathematics 数学
  • Arts アート

の頭文字をとって名づけられており、子供達がこれらの教育を
網羅して学ぶことでアメリカの経済がより発展していくだろうと
期待されている国家を挙げての取り組みです。

ADHDの子供達は講義型の学習は苦手としても体験型学習になると
力を発揮することがあります。
アメリカのギフテッド子供が通う学校には発達障害を併せもっている
子供達が多くいますが、ギッフテッドの子供達が通う学校では、
このSTEAM教育が特に積極的に取り入れられています。

ADHDの子供達は一般の学校での問題児から、ギフテッドの学校では
優秀な生徒になることがあります。

とはいえ、日本にはギフテッド教育がまだまだ広がっていないため、
ADHDの子供達の力を伸ばしてあげられる場所が確立していないのが
現状です。

ADHDの子の力を伸ばす秘訣

しかしその中でも力を伸ばしてあげるためにまずできることとして、
学習でも好きなことでも取り組む際は、成果を短期間で評価して
あげることです。
いいところ、悪かったところを両方を含めて、その都声をかけて
あげることで、ADHDの子供達は目標を達成することができます。

ADHDの子供達は長期間の目標は苦手です。
長期間になってしまうとまだまだ先のことだと思い、取り組めなかったり、
長期目標だけでは具体的にイメージできない場合があります。

ADHDの子供達は人の応援や手助けがあって成功できます。
好きなこと、興味を持ったものを伸ばしてあげることで発達障害でも
力を発揮することことができます。
まずはできることから一つ一つお子さんをサポートしていきましょう。