フランスはADHDの子供が少ない?その理由とは

close-up-1839974_1280

なぜフランスではADHDの子供が少ないのか

学校に通っている子供のうちアメリカでは11%、
日本では10%がADHDであると診断されている中、
フランスでは半数の5%以下であるという報告があります。
これはなぜでしょうか?
フランスではADHDの子供が生まれてくる確率が低いのでしょうか?

アメリカ・日本とフランスではそもそもADHDの原因や診断方法、
また治療方法についても違いがあるようです。

先天性因子と考えるアメリカ&日本と環境因子と考えるフランス

アメリカや日本ではADHDは先天性の障害であり、
生物学的な原因で生じるものとされています。

治療も生物学的な方法を使っており、
薬も必要に応じて処方するという考えです。

一方、フランスではADHDは環境や心理的な面が
原因で生じる精神疾患だと考えられています。

そのため、フランスの治療法では薬は使わずに、
その子供が抱える社会的環境問題の見つけ、
心理面から治療のアプローチをしていきます。

2つの診断方法DSMとCFTMEA

また診断方法にも違いがあります。
アメリカと日本はDSMというアメリカ精神医学会が
作成した診断システムを使ってADHDの診断をしますが、
フランスではCFTMEAという診断システムを使用しています。

CFTMEAは症状の中で心理的に隠れた原因を見つけることを
重視した診断システムです。

薬の処方を嫌うフランス

フランスでは、原因を見つけたら心理療法による
治療を受けるか、家族カウンセリングによって
改善するかを選びます。

またフランスでは治療法のひとつに食事療法も
取り入れています。

着色料や保存料などの添加物や、食物アレルギーの
原因となる食物を食べた直後に行動面に悪影響が現れる
子供達もいることがわかっているからです。

フランスでは国家レベルで薬は処方せず、
心理的治療と食事療法での治療に力を入れています。

というのも、フランスでは昔から薬を使った治療に
強いネガティブなイメージがあるからです。

フランスにADHDが少ないのは診断基準の違いによるもの!

フランスは、診断基準が異なっていることや、
国がなるべくADHDと判定しない方針であることから
ADHDと診断される子供の数がアメリカや日本よりも
少ないようです。

決して国によってADHDの子供が生まれてくる確率が違う
ということではないようです。
またこのことに関しては、国籍による発症の
大きな違いはないという論文も発表されています。

一見、薬を使わないフランスの治療法の方が
よく見えてしまうこともありますが、懸念点もあります。

それはフランスでは重度のADHDの子供の場合、
薬の処方を希望しても、
なかなか処方されない点です。

薬による治療を受けられずに苦しいんでいる子供達もいる
のが現状です。
フランスの重度のADHDの子供たちは薬を
服用することができず、過剰な喫煙や学校を退学するなどの
問題が起きています。

フランスでは専門医の予約を取るのに8か月、
薬を処方してもらうのにさらに8か月待たないといけません。
またフランスではADHDの認識が他国に比べて、
医療の考え方も親の認識も遅れていると言われています。

こういった点も踏まえて、何が子供達にとって良いのか、
薬の作用や副作用も考えた上で処方を受けるかどうか、
私たち親は考えなくてはなりません。

close-up-1839974_1280